NJSF新日本スポーツ連盟

TOP

あいさつ

チーム紹介

日程

試合結果

リーグ表

連絡先

会則

リンク

新日本スポーツ連盟
名古屋市野球協会について

 

名古屋市野球協会(New Japan Sports Federation Nagoya Baseball Association)は、新日本スポーツ連盟という全国規模の連盟に属する愛知県ブロックの中で、名古屋地域を中心として活動している野球協会です。

構 成
標準的な構成としてはAB級の二部制(もしくはAC級の三部制)で各級510チーム編成となります。但し、在籍チーム数やその他諸事情により、前記の構成とはならない場合もあります。(2011年からは在籍チーム数の減少により階級制を一時休止させておりますが、2015年以降、10チーム以上となった場合は、階級制を再開予定。)
原則として、前期・後期のリーグ戦終了後に、公式戦の勝敗順位にて、上位階級の下位2チームと下位階級の上位2チームとが入れ替わります。
ただし諸事情により、上位階級の下位1チーム、下位階級の上位1チームのみの入れ替えの年もあります。
各チームカラーはあくまでも勝負に撤するチームや、草野球をこよなく愛するチームなどさまざまです。年齢構成も10代〜60代までと幅広く集まっております。

試合運営
原則として、各階級所属のチームが前期・後期二周りの総当り戦にて公式試合を行います。
年間の試合数は、公式戦の十数試合、その他に(大会の項参照)県大会、全国大会への出場を決める決勝トーナメント大会も行われます。また、場合によっては異階級チーム同士での交流試合も行われたり、連盟外のチームを募ってオープン大会を開催することもあります。

主将会議
毎月1回行われます会議(通称:主将会議)にて、次月の試合日程及び諸行事等の決定、メンバーの追加・変更申請、また審判講習会等も行われます。
この会議は、原則的に第3週の月曜日1930分より、名古屋市中区大須にある新日本スポーツ連盟事務所4階にて開催されます。各チーム代表者の方は必ず参加願います。

審 判
原則として、各チームの持ちまわりとします。審判を行う試合は、自軍の試合の前後に組まれます。(1チーム当り自チーム試合数の半分前後の試合数にて担当となります。)

大 会
 ・東海四県大会、全国大会
  春の大会は、前年の年末に開催されるトーナメント戦にて決定します。
  (尚、トーナメントの組み合わせは後期リーグ戦の成績が影響します。)

  秋の大会は、A級前期リーグ戦優勝チームが出場します。
 ・愛知県理事長杯(毎年秋開催)
  名古屋市野球協会から毎年1チーム選抜し愛知県内各代表チームとトーナメント形式にて
  対戦する大会が行われます。

 

Copyright(c) 名古屋市野球協会 2004