NJSF新日本スポーツ連盟

TOP

あいさつ

チーム紹介

日程

試合結果

リーグ表

連絡先

会則

リンク

会  則

◇ 実 施 要 項 ◇

1.競技規則
 1)公認野球規則に準ずる。

2
.競技方法
 1)競技は7イニングとする。
 2)競技時間は原則として100分とし、試合開始後90分をこえて新しいイニングに入らない。
 3)コールドゲーム(点差)は5回以降7点差となった場合、また日没、降雨などの場合は、4回以降均等回数、点差で勝敗を決定する。

3
.選手登録
 1)連盟への選手登録は10人以上とし、背番号は、監督30番、主将10番と規定し、選手は、0番〜99番までとする。(00番は無しとする)
 2)選手登録の変更は、毎月の主将会議で承認する。
 3)競技は、1チーム20名までの登録した選手で行う、競技ごとにメンバー表に記入した選手にて競技を行う。

4
.諸注意
 1)試合球は、ナイガイA号ボールとし、各チームで用意する。
 2)雨天の際の処理について。
  @競技の決行、中止は原則として当日グランドで決定する、雨天でも連盟より特に指示のない場合は、グランドに集合する。
  A雨天などの理由でグランド使用が不可能な場合は、日程を延期する。
 3)野球用具(ベース一色、ライン引き、メージャ、石灰など)は各チームで用意する。

◇ 実 施 細 則 ◇

1.競技に関する注意事項
 1)競技開始予定時刻30分前には球場へ集合し、メンバー表2通を審判員まで提出すること。
 (前の試合が早く終わった場合は、以後の試合予定時刻繰り上げて行うこともあります)
 2)競技開始時刻までに出場出来ないチームは棄権とみなし、相手チームの不戦勝(70)とする。
 (両チーム出来ない場合は両チーム不戦敗とする)
 3)競技中、ベンチに入れるものは、登録してあるチームの責任者、監督、コーチ、マネージャー、スコアラー、選手とする。
 4)ユニフォーム、帽子、マーク、アンダーシャツ、ストッキング、アンダーソックス、スパイク、ベルトなどは同型同色のものを着用する。
 (ユニフォームの上下の番号も統一する、運動靴の使用は認めない)
 5)審判は、相互審で行い、主審は審判講習会へ参加したもので行う。
 6)競技中、審判員及び選手に対する個人攻撃または、非スポーツマン的プレー及び行動は厳禁する。
 7)ストライク、ボール、アウト、セーフ、フェア、ファウルなどのジャッジに対する抗議は厳禁する。
 8)抗議は、監督、主将、と当該プレーヤーがルールの適用に関してのみできる。
 9)審判員の指示に従わない場合は退場処分とする。
 10)審判員は、審判服を必ず着用する。
 11)プレーヤーが負傷などで治療が長引く場合は、プレーヤー8名の中から代走を認める。(臨時代走)
 12)投手が手または、手首にサポーター、手袋などを使用することは原則として禁止する。
 13)競技中に生じた傷害について主催者側いっさいの責任を負わない。

2
.競技中の時間短縮、フェアプレーについて
 1)競技開始の挨拶時、後攻め側のチームのプレーヤーは守備の用意をして整列する。
 2)ファールボールは、攻撃側のチームが拾いにいくこと。
 3)空タッチは厳禁する。
 4)捕手は必ずマスクを着用し、レガースなどの傷害防止用具の着用が望ましい。
 5)ベンチ内でたばこを吸ったり、みだりにベンチから離れないこと。
 6)攻守交代は駆け足で行うこと。
 7)特別ルールは競技に先立って審判員より発表する。
 8)グランド規則を守り、試合終了後はグランド整備及び清掃を行う。

3
.罰則規定(下記事項に該当した場合はペナルティを課す)
 1)主将会議及び審判会議に欠席したとき。
 2)試合を放棄したとき。
 3)試合の審判に来なかったとき。
 4)試合中、その他の場合でトラブルを起こしたとき。
 5)会費(年会費)納入なき場合は、退会したものとみなす。
 (注)罰則規定については、運営会議にて論議し決定する。


 

Copyright(c) 名古屋市野球協会 2004